課題から探す

Find from the Issue

「Notesの過去データを参照するため、Notesを撤廃できない」

課題
利用頻度は低いが情報資産として残しておきたい過去データがNotesのデータベース(以下DB)にあるため、Notesを撤廃できない
解決ポイント
今後、修正を必要としない参照目的のDBについては、HTMLファイルに変換します。NotesDBに保管していた過去データを、HTML化し別の環境に保管することで、脱Notesを実現します

当社による課題解決の概要
独自ツールを活用して過去データをHTML化
脱Notesをサポートします

NotesDB、HTML化の有効性について

NotesDBに蓄積された過去データは、お客様の大切な情報資産であり、例え利用頻度が低くても残しておきたいと多くのお客様が考える一方、Notesは閲覧編集に専用のクライアントソフトが必要なため、WindowsOSのアップグレードなど、環境が変化するとNotesDBの閲覧が不可能になるといった課題が挙げられます。参照目的としてしか活用されていないNotesを維持し続けるためにコストをかけることにお悩みのお客様が多くいらっしゃいます。 そこで利用頻度は低いが残しておきたい過去データについては、NotesのバージョンやOSのアップグレードなどの環境に依存しない環境で、HTML化の上、保管する方法を推奨いたします。

NotesデータHTML変換サービスの紹介

 

NTTデータビジネスシステムズが提供するimforce Notesマイグレーションサービスの1つにNotesデータHTML変換サービスがあります。

[サービスの特徴]
  • お客様が保有するNotesDBからお客様が必要とするデータを抽出してHTML変換
  • 変換前のNotes文書とほぼ同じ見た目を再現
  • 添付ファイルや画像ファイルといったNotesに埋め込まれたデータも閲覧可能
当社独自のツール(チェックツール及び変換ツール)をご利用いただくことで、ほぼ全自動でお客様より提供いただいたデータの検査及び、変換が可能なため、移行費用の削減を行う事が可能です。

    notes_html.jpg

    imforce Notesマイグレーションサービスのご紹介

    当社は、長年に渡りNotesビジネスに携わっており、Notesを利用したシステムの構築、Notesから他ソリューションへのマイグレーションなど、多種多用な大規模~小規模の開発まで、Notesビジネスにおいて幅広い範囲で実績があります。
    また、長年にわたって自社システムとして利用していたNotesを、intra-martを軸とした他システムへマイグレーションした実績もあり、近年はこれらの知見・ノウハウ活かしたマイグレーションビジネスに取り組んでおります。
    これらお客様のNotes環境を支え培ったノウハウと技術力をアセット化したソリューションそれが当社がご提供する 「imforce Notesマイグレーションサービス」です。

    長年ご利用しているNotes環境に対する最適な解決プランを策定・実施するimforce Notesマイグレーションサービスについてはこちら

    実績豊富な当社独自ツール・選定基準を使用してお客様のNotes環境を調査・分析するNotesDBアセスメントサービスについてはこちら

    NotesデータHTML変換サービスの事例はこちら

    Notes文書データのHTML化についてのお問い合わせは、以下よりお願いいたします。

    メールでのお問い合わせ
     

関連ソリューション・サービス

IT基盤構築

Notesマイグレーションサービス
長年ご利用しているNotes環境に対する最適な解決プランを策定・実施

Notes支援サービス
多岐にわたるNotes活用の経験を活かした支援サービス

関連導入事例

旭化成株式会社様 「Notesデータ HTML変換サービス」の導入
「Notesデータ HTML変換サービス」で保有情報資産活用と高度な検索環境を実現

関連する「課題から探す」ページ

システム管理・運用効率化

当社についてのお問い合わせは、以下よりお願いいたします。

メールでのお問い合わせ