Windows操作ロボット
WinActor

これまで人手で行っていた各種業務を省力化するRPAソリューション

WinActorとは

WinActorは、ソフトウェア型ロボットです。
Windows上で動作するエクセル、ブラウザをはじめ、あらゆるアプリケーションの操作をシナリオとして学習することにより、従来人手で行っていた各種業務をWinActorが代行してPC操作を行ない、自動化を実現します。

  • Windows上のあらゆるソフトを自動操作可能各種ブラウザやMS-Office製品をはじめとして、ERP、WF、OCR、さらに個別システムや共同利用型システムに至るまで、Windows端末上で動作するあらゆるソフトに対応しています。
  • シナリオ作成が簡単シナリオは、日本語GUIによる簡単操作で作成できます。プログラミング知識や特殊な言語は不要なので、現場担当者で習得可能です。
  • 低価格で導入可能シナリオを作成するフル機能版と低価格な実行のみ版を用意しています。 また、年間ライセンスにすることにより、スタートアップ時のコストを最小にしています。

課題と解決策

  • 定型作業にかかる稼動・コストを削減したい
  • 誤入力等のヒューマンエラーを防止したい
  • システム改修費用や改修リスクを抑えたい

これらの課題をWinActorで解決できます。

  • 定型作業を効率化 「定型作業が多く、他の業務へ時間を当てられない」「業務繁忙期の対応の要員を臨時で手配するのが困難」といった悩みをWinActorによる業務自動化が解決します。
  • ヒューマンエラーを削減「誤入力、チェック漏れなど事務ミスが多い」「ミスの影響調査や改善活動のためのリソース確保が困難」といった課題をWinActor導入により解決します。
  • 既存システムの改修リスク低減「新しい機能が必要であるが既存システム改修費用はだせない」「リスクを考えると既存システムに手を加えたくない」といったケースでもWinActorの導入によりシステムへの改修を最小化することが可能です。

社内業務からアウトソーシング、システム間のデータ連携など、あらゆるシーンで活用できます。
NTTデータビジネスシステムズでは、お客様業務への適用に向けたご相談、ご提案を行っています。

WinActorの特長

WinActorのシナリオ作成は簡単

WinActorは自動化する対象業務のシナリオを作成します。
プログラミングなどの特別な知識がなくても簡単にシナリオ作成が可能です。

WinActorシナリオ作成イメージ

WinActorの得意な業務

WinActorは下記のような業務の自動化を得意としています。

WinActorで自動化
  • 大量のデータ投入、転記作業
  • 起案、承認等のワークフロー操作
  • キッティング作業時の端末設定
  • アプリインストール作業
  • ダイレクトメールの送信
  • Webサイト検索、インターネットからの情報収集
  • Webサイトの更新
  • HPのリンクやメーリングリストの死活確認
  • 印刷
  • PDF化作業
  • データ分析、加工と配布。
  • 複数台の端末を用いた負荷テスト
  • サーバーメンテナンス(コマンドライン操作)
  • SQL発行(DB管理ソフトの操作) ...等

WinActor活用シーン例

BPM(Business Process Management)とRPAの連携により、毎月定型で発生している経費精算の業務プロセス全体を自動化し、人的労力を削減

詳細を見る >>

会計システムからのデータ取得、請求書の作成、印刷までを自動化し、毎月の定型作業を削減


詳細を見る >>

ECサイトにおける自社製品価格情報をロボットが収集し、一覧作成、レポート出力まで自動化し、作業軽減を実現。


詳細を見る >>

プロモーション企画の立案のため、ウェブアクセスログ取得、集計用Excelシートへの貼り付け、集計用マクロの実行をロボットが実行。さらに、レポート出力まで自動化

詳細を見る >>

OCRとRPAの組み合わせにより、紙の注文書をもとにした受注システムへの入力を自動的に実施


詳細を見る >>

各部門からデータ、紙等で送られてくる勤怠情報を人事給与システムへ登録する作業をRPAで自動化


詳細を見る >>

まずは現状の課題をお聞かせください。
ご要望に応じたソリューション・サービスをご提案させて頂きます。

WinActorについてのご相談は、お電話またはお問い合わせフォームにて承ります。
ご要望に応じてご訪問も可能ですので、まずはご連絡ください。

お電話でのお問い合わせは

0120-458-459

メールでのお問い合わせ