課題から探す

Find from the Issue

「RPAを活用し、請求書作成を自動化したい」

課題
毎月の請求書作成作業が負担となっている。話題のRPAを活用し人手の処理を減らすことができないか検討したい。
解決ポイント
NTTグループのRPA「WinActor」により請求書作成処理をロボットに代行させることで、毎月の定型作業を削減。

当社による課題解決の概要
RPA「WinActor」による請求書自動作成

RPAで請求書作成における定型処理を自動化

毎月発生する大量の請求書作成が担当者の負担になっていないでしょうか。

現在注目を集めているRPAを活用すると、今まで人手で行っていた定型作業をソフトウェアロボット(以下、ロボット)が代行し、自動化することが可能です。業務の自動化によって担当者の負担を軽減し、働き方改革の推進や、より付加価値の高い業務へのシフトなどに繋げることができます。

RPAによる請求書自動作成の例
RPAによる請求書自動作成の流れ

ロボットにより、会計システムからのデータ取得、請求書の作成、印刷までを自動的に実施します。
担当者は自動的に作成された請求書の確認、押印、郵送といった部分のみ実施すればよくなり、人手の作業を大幅に低減できます。さらにRPAによる自動処理を夜間に実行することで、請求書作成による時間のロスを大幅に削減することも可能です。

RPAについて

Robotics Process Automation (ロボットを使った業務プロセスの自動化) の略称で、仮想知的労働者 (Digital Labor)とも呼ばれます。 ルールエンジン・機械学習・人工知能などを活用し、従来人手で行っていた各種業務をソフトウェア型ロボットが代行する技術です。

RPA活用のメリット

  1. 定型作業の稼働・コストを削減
    • 担当者が定型作業に要していた時間を削減し、他の業務を行うことが可能になります。
    • 人が作業できない夜間等に、ロボットに定型作業を代行させることで、時間のロスを防ぎます。
    • 業務繁忙期に臨時職員を雇う必要がなくなります。
  2. 事務ミスの防止
    • 誤入力、チェック漏れなどの事務ミスを防止します。
    • ミス発生時の影響調査、報告作成、その後の改善活動などの時間が削減できます。
  3. システム改修費用・リスクを抑制
    • 既存システムに手を入れることなく自動化を実現できるため、改修にかかる費用やリスクを抑えることができます。

WinActor(ウィンアクター)について

NTTデータビジネスシステムズでは、NTT研究所で生まれたRPAソリューション「WinActor(ウィンアクター)」をご提供しています。

WinActorロゴ

WinActorは当社が得意としているシステム共通基盤intra-mart(イントラマート)やERPソリューションBiz∫においても、自動化ソリューションとして採用されており、以下のような特長を持っています。

  1. Windows上のあらゆるソフトを自動操作可能
    ブラウザーやWord、ExcelをはじめとしたMS-Office製品はもちろん、ERP、ワークフローなどWindows端末上で動作するあらゆるソフトに対応しています。
  2. シナリオ作成が簡単
    日本語GUIによる簡単な操作で自動実行のシナリオを作成することが可能です。プログラミング等の特殊な知識は不要なため、現場担当者に簡単にシナリオ作成を習得していただけます。
  3. WinActorシナリオ作成イメージ
  4. 低価格で導入可能
    シナリオを作成する機能を備えたフル機能版と、シナリオ実行のみの低価格版を用意しています。また年間ライセンスの形式をとっているため、スタートアップ時のコストを最小化できます。

NTTデータビジネスシステムズでは、NTTグループが培った豊富な経験、実績を元にしたRPAソリューション「WinActor」により、お客様の業務改革実現をサポートします。

RPAソリューション「WinActor」についてのお問い合わせは、以下よりお願いいたします。

メールでのお問い合わせ

関連ソリューション・サービス

個別システム

WinActor(ウィンアクター)
これまで人が行っていた各種業務を省力化するRPAソリューション

当社についてのお問い合わせは、以下よりお願いいたします。

メールでのお問い合わせ