課題から探す

Find from the Issue

「ERPの情報を有効活用するしくみを低予算で構築したい」

課題
ERPで管理する情報をリアルタイムで外部から閲覧や更新ができるようにしたいが、ERPのアドオン・カスタマイズはコストが高く、画面レイアウトなどの柔軟な対応も難しい
解決ポイント
ERPのフロントシステムにイントラマートを導入することにより、ERPへのアドオン・カスタマイズ不要で情報のリアルタイム活用が可能。

当社による課題解決の概要
「intra-mart ERPフロントシステムを導入」

ERPへの機能追加における課題

SAPなどのERPにおいて、エンドユーザー向けの機能をアドオンやカスタマイズによって実現する場合、独自開発言語の使用や柔軟な画面作成が難しいといった様々な要因により、開発コストが高くなってしまうという課題があります。また、ERPのカスタマイズを行うと、バージョンアップ時にも改修のためのコストが必要となってしまいます。


[課題例]
  • アドオン・カスタマイズのコストが高い
  • 独自開発言語を使っているため、システム改善のハードルが高くスキルを持った要員の確保が難しい
  • 既存の他システムとの連携が難しい
  • 画面構成や操作が非常に複雑
  • 企業独自機能や商習慣に対応できていない

このような課題に対し、フロントシステム導入により、ERPのアドオン・カスタマイズと比較し、低コストで機能を追加することが可能となります。

intra-mart ERPフロントシステムの導入

当社ではERPのフロントシステムにintra-mart(イントラマート)を採用した「intra-mart ERPフロントシステム」を提供しています。

オンラインバックアップソリューション

intra-mart ERPフロントシステムは、既存ERPシステムのカスタマイズが必要となるようなフロント機能を簡便に構築します。例えば、自社商品の在庫や仕入スケジュール等を参照する機能を構築することで、スムーズな商談が可能になります。intra-mart ERPフロントシステムは、ウェブブラウザーを使って表示するため、取引先などの外出先でも閲覧できるようになります。イントラマートには定評のあるワークフロー機能が標準装備されているので、ERPが苦手とする柔軟な承認ルート設定やメール通知も簡単に実装できます。
さらに、イントラマートには画面自動生成ツールやERPとの連携APIを備えているため、低コストで既存ERPとの連携機能を実現します。

[intra-mart ERPフロントシステム導入のメリット]
  • ERPシステムへのアドオンが不要なため、コスト削減が可能
  • 一般的な開発言語を利用することで、マルチベンダーや自社での開発も可能
  • マルチデバイス対応により、業務効率が改善
  • ERPシステムに外部から直接接続しないので、セキュリティが万全
  • ERPフロントシステムを通じて、各管理情報をリアルタイムで共有可能
  • ERPシステムのAPI連携も可能

NTTデータビジネスシステムズは、イントラマートシステムの豊富な開発実績をもち、SAPやOracleEBSをはじめとしたERPのフロントシステムも多数構築しております。ERPシステムに課題をお持ちのかたは、ぜひ当社にご相談ください。

intra-mart ERPフロントシステム事例

取引先や営業担当のタイムリーな情報共有を実現。関連する業務やサービスを集約する情報共有ポータルサイトをintra-martにより実現します。

intra-martERPフロントシステム

intra-mart ERPフロントシステムについてのお問い合わせは、以下よりお願いいたします。

メールでのお問い合わせ

関連ソリューション・サービス

intra-martシステム

intra-mart ERPフロントシステム
入力業務やデータ参照などをintra-martに集約することで、 業務の効率化を実現

当社についてのお問い合わせは、以下よりお願いいたします。

メールでのお問い合わせ