• ホーム
  • 課題から探す
  • 「【建設業】カスタマイズ導入した企業固有要件をシステム更改時にも実現したい」

課題から探す

Find from the Issue

「【建設業】カスタマイズ導入した企業固有要件をシステム更改時にも実現したい」

課題
システム更改を検討しているが、従来型のパッケージシステムでは、様々な制約から固有要件を実現できない。またカスタマイズ導入した部分の再構築が難しい。
解決ポイント
企業固有の業務要件に柔軟に対応できる仕組みにより、従来型のパッケージシステムでは対応が困難だった原価管理、購買領域などの固有要件にも対応可能。

当社による課題解決の概要
imforce建設業統合基幹モデルによりシステム更改時も企業固有の業務要件を効率的に実現

パッケージ適合率の低い業務領域

一般的にERPパッケージでは、企業固有要件を反映すべき業務領域(工事管理など)において、人事給与管理領域や会計領域と比べてパッケージ適合率が非常に低い傾向にあります。そのためERPパッケージを採用したにも関わらず、カスタマイズを施して運用している企業においては、新技術の適用やレガシーシステムからの脱却を目的とした次期システムへの更改が思うように実現できないという課題をよくお聞きします。 特にカスタマイズした部分を同一クオリティで再構築するには高コストになりがちで、企業固有の要件を再現するのは難しい傾向にあります。

企業固有の業務要件に柔軟に対応

imforce建設業統合基幹モデルは、建設業の業務運用において必要な業務機能がフルカバーされた統合ERPソリューションです。建設業における事業計画~引合~工事~保守~決算までの一連の業務モジュール群で構成されています。本ソリューションの運用・開発基盤は、フレームワーク製品として国内No.1の実績を誇る「intra-mart」と、先進のアプリケーション開発、実行基盤「Biz∫APF」で構成されています。画面系、機能/ロジック、共通マスタ等のシステムを構成する共通部品群を予め標準装備しており、これらの部品群の組み換えが可能なため、企業固有要件の実現や、パッケージシステム導入時にカスタマイズ導入した部分の再構築に柔軟にかつ効率的に対応することができます。
各種共通部品群を利活用してシステムを再構築することにより、開発箇所を局所化し、開発量を低減することができます。また、各業務システムで画面部品やビジネスロジック等の共通部品群を使用することができるので、各業務領域の品質を均一化することができ、システム品質の向上が期待できます。
実際にアドオンカスタマイズして企業固有要件を再現する際には、画面開発自動化ツール「Biz∫APFワークベンチ」の機能を使用し、要件定義の効率化を図ります。

    開発自動化ツール「Biz∫APFワークベンチ」

    Biz∫APF ワークベンチは、ビジネスアプリケーションの自動生成機能を備えたWEBブラウザ上で動作する開発環境です。本来人手をかけて作成する設計書や画面を設計情報から自動生成するため、生成にかかる工数の削減や人的な単純ミスなどを事前に防ぐことができます。
    自動生成した画面をWebブラウザ上でお客様にご確認いただきながら、業務画面を作成・編集します。画面遷移や操作性の認識ずれなどについて確認を行いながら、要件定義を実施できますので、企業固有の業務要件を効率的に実現するだけでなく、品質向上にも貢献します。



imforce建設業統合基幹モデル

    建設業の業務運用において必要な業務機能がフルカバーされた統合ERPソリューション

    imforce建設業統合基幹モデルはシステム統合基盤「intra-mart」上に建設業で求められる「引合〜受注〜工事・注文・支払〜財務・決算」までの一連の業務を広範囲でカバーしております。

「【建設業】カスタマイズ導入した企業固有要件をシステム更改時にも実現したい」

    当社についてのお問い合わせは、以下よりお願いいたします。

    メールでのお問い合わせ

関連ソリューション・サービス

imforce
ビジネスの課題を解決するNTTデータビジネスシステムズのソリューション

imforce建設業統合基幹モデル
建設業における引合~受注~工事・発注・支払~財務・決算までの一連の業務機能を、利便性の高いユーザインタフェースでご提供します。

関連する「課題から探す」ページ

建設業向け

当社についてのお問い合わせは、以下よりお願いいたします。

メールでのお問い合わせ

  • ホーム
  • 課題から探す
  • 「【建設業】カスタマイズ導入した企業固有要件をシステム更改時にも実現したい」