課題から探す

Find from the Issue

「【建設業】速やかに事業計画を立案し、見通しを精緻に把握したい」

課題
経営状況が把握できない。
経営データの収集・作成が非常に非効率で手間がかかる
解決ポイント
繰越工事、見込物件の予測値、工事別予測値、一般予算を集計した事業計画情報を収集・出力する機能を標準で装備。経営状況を瞬時に把握できます。

当社による課題解決の概要
imforce建設業統合基幹モデルにより経営状況を
瞬時に把握できます

経営状況の把握に時間がかかる

建設業界では、工事の見込原価をはじめ、事業計画立案に必要な情報を現場ごとにExcel等を利用して管理することが多いため、事業計画情報を全社レベルで管理するのが難しい傾向にあります。そのため事業計画立案に必要な経営データの収集や、資料の作成に時間がかかり、担当者の負担となっているため、課題と感じるお客様も多くいらっしゃいます。本来、事業計画情報を瞬時に把握できれば、工事部門及び経営層の速やかな意思決定に役立てることができますが、これらの情報を収集・作成することに時間をかけてしまった結果、迅速な決定が下せない状況にあります。

事業全体の収益予測を精緻かつ俊敏に把握可能な標準機能を装備

imforce建設業統合基幹モデルは様々な段階での収益予測を把握可能な仕組みを豊富に装備しています。 繰越工事、見込物件の予測値、工事別予測値、一般予算を集計した事業計画情報の把握が可能な「事業計画表」を出力し、工事の粗利益や営業利益等、事業全体の着地見込の把握が可能です。 次年度の事業計画立案や当年度着地のタイムリーな把握による工事部門及び経営層の速やかな意思決定・対策立案に役立てる ことができます。

    imforce建設業統合基幹モデル

      建設業の業務運用において必要な業務機能がフルカバーされた統合ERPソリューション
      imforce建設業統合基幹モデルはシステム統合基盤「intra-mart」上に建設業で求められる「引合〜受注〜工事・注文・支払〜財務・決算」までの一連の業務を広範囲でカバーしております。

      当社についてのお問い合わせは、以下よりお願いいたします。

      メールでのお問い合わせ

    関連ソリューション・サービス

    imforce
    ビジネスの課題を解決するNTTデータビジネスシステムズのソリューション

    imforce建設業統合基幹モデル
    建設業における引合~受注~工事・発注・支払~財務・決算までの一連の業務機能を、利便性の高いユーザインタフェースでご提供します。

当社についてのお問い合わせは、以下よりお願いいたします。

メールでのお問い合わせ