FalconStor CDP

高速リカバリーとバックアップ効率化を実現

FalconStor CDPとは

IT基盤の安定運用を行うためには、単にシステムのデータを保管・保護するだけのバックアップでは不十分です。システム障害や災害等によるサービス停止(業務停止)を最小限にとどめるための迅速なリカバリーを可能とするシステム環境の構築が重要となります。FalconStor CDPは、ストレージ仮想化技術とデータ更新差分を継続的に保護する技術により、高速バックアップと迅速なリカバリーを可能とするシステム環境を実現します。

  • データのバックアップ/リストアが速い

  • リカバリー操作が簡単かつ即時復旧が可能

  • BCP-DR対策が短期間かつ低コストで実現可能

課題と解決策

日々のバックアップやリカバリー等のシステム運用に関して、
こんな課題はありませんか?

  • バックアップ時間が増加し、計画した時間内に終わらない

  • いざという時のリカバリー復旧あるいはDR起動の実施に不安がある

  • DR対策は低コストに抑えたい

  • 複数システムや異なる環境のバックアップを統合管理したい

FalconStor CDPで解決できます!

  • 従来のバックアップ方式と比較して所要時間が短いため、計画した時間内にバックアップ作業が完了。

  • 簡単操作でリカバリー復旧を実現、ワンボタン操作で素早くDR起動が可能。

  • ストレージ仮想化技術を活用したソフトウェア方式を採用。

  • 物理・仮想サーバー等が複数混在したバックアップ環境を統合化。

日々のバックアップやリカバリー等のシステム運用に関して、こんな課題はありませんか?
FalconStor CDPで解決できます!

  • バックアップ時間が増加し、計画した時間内に終わらない

  • 従来のバックアップ方式と比較して所要時間が短いため、計画した時間内にバックアップ作業が完了。

  • いざという時のリカバリー復旧あるいはDR起動の実施に不安がある

  • 簡単操作でリカバリー復旧を実現、ワンボタン操作で素早くDR起動が可能。

  • DR対策は低コストに抑えたい

  • ストレージ仮想化技術を活用したソフトウェア方式を採用。

  • 複数システムや異なる環境のバックアップを統合管理したい

  • 物理・仮想サーバー等が複数混在したバックアップ環境を統合化。

FalconStor CDPの特長

(1)バックアップ

変更ブロック差分バックアップ(スナップショット)により短時間で完了

  • ■FalconStorCDPが配下のディスクを仮想化して、iSCSI/FC経由で保護対象サーバーにミラーディスクを提供します。
  • ■保護対象サーバーへインストールしたDisksafeエージェントからがFalconStorCDPと連携しミラーディスクを最新の状態(非同期ミラーリング)で保護・保管します。
  • ■バックアップは「スナップショット」でローカルディスクの更新部分を検知しm過去世代として保存します。
  • ■データの更新部分を検知する際、物理ディスクのブロック差分を直接検知するため、検知が極めて軽く、サーバーへの負担を低減した業界最高レベルの検知スピードを実現しています。(ファイル数に依存しない)

(2)リストア

シンプルな仕組みでリストアが簡単かつ短時間で実現可能

リストアを行う際、過去ディスクを生成(TimeVeiw機能)することにより、システム規模の大小に関わらず簡単かつ短時間(数秒)で復旧することが可能です。


(3)システム復旧

緊急時に高速復旧(一括自動復旧)が可能

クラウド技術を活用する事により、10分以内で仮想サーバーへ復旧する事ができます。
時間のかかるデータの戻し【リストア】を必要とせずにシステム再開が可能です。

FalconStor CDPのシステム構成

「FalconStor CDP」は、 WindowsやLinuxOS環境で動作する製品で、1台構成の場合は「Disk to Disk」の高速バックアップシステムを実現します。遠隔サイトに対し、高速レプリケーションを行うことで、「ディザスタリカバリーシステム」への拡張が可能です。




まずは現状の課題をお聞かせください。
ご要望に応じたソリューション・サービスをご提案させて頂きます。

FalconStor CDPについてのご相談は、お電話またはお問い合わせフォームにて承ります。
ご要望に応じてご訪問も可能ですので、まずはご連絡ください。

お電話でのお問い合わせは

0120-458-459

メールでのお問い合わせ