課題から探す

Find from the Issue

「働き方改革のため間接業務負荷を軽減したい」

課題
間接業務の効率化を全社レベルで取り組みたい。
解決ポイント
全従業員が行っている「経費精算業務」をターゲットに絞り、スマートフォンを活用することで効率化を推進。

当社による課題解決の概要
最新の経費精算ソリューションで間接業務を効率化

経費精算業務の自動化・効率化による働き方改革の推進

「働き方改革、まず何から手を付けてよいかわからない」とお悩みの企業も多いと思います。私たちは、導入しやすく・運用が定着化しやすい領域から進めるのがポイントと考えています。例えば人手で実施している業務、とくに全従業員が行う間接業務である「経費精算」をICTで代替することにより、間接業務負荷が全社レベルで大幅に軽減され、働き方改革の第一歩を進めることが可能となります。

[経費精算業務へのICT導入による間接業務削減効果の例] スマートフォンによる申請
  1. 必要項目の入力作業の軽減
    入力支援機能や不正入力に対する警告機能により、入力業務・チェック業務の負荷を軽減します
  2. スマートフォンの活用による帰社回数の削減
    e-文書法対応により、受領した領収書を外出先からスマートフォン等で撮影し経費申請することが可能となります

働き方改革を実現する「Biz∫フロント」「e文書連携オプション」

当社では働き方改革を実現する経費精算ソリューションとして、「Biz∫フロント」、「e文書連携オプション」をご用意しています。

「Biz∫フロント」は、各種稟議、経費・旅費精算、小口管理、振替申請入力などあらゆる現場の業務の効率化をサポートする電子ワークフロー申請システムです。経費規程を学習させ、経費規定違反があった場合は、自動的に警告します。また、入力支援機能より、従業員の入力精度が向上し、チェック工数・差し戻し工数を大幅に削減することが可能です。

「e文書連携オプション」は領収書電子化運用を可能とするシステムです。社員が出張時に受領した領収書をスマートフォンやスキャナにより画像データ化し、そのまま申請することが可能となります。また、e-文書法におけるスキャナ保存要件を満たす機能が搭載されているため、システム利用者は法要件を意識することなく、スムーズな電子化運用が可能です。

NTTデータビジネスシステムズは、経費精算、e文書における豊富な経験と実績に基づき、当社開発製品である「Biz∫フロント」「e文書連携オプション」をフル活用するための導入のためのコンサルティング、システム構築、運用定着化支援をセットで提供しています。
働き方改革実現のための経費精算業務効率化、紙文書管理からの脱却による間接業務プロセス改善をご検討の際にはぜひ当社にご相談ください。

    経費精算システム・働き方改革についてのお問い合わせは、以下よりお願いいたします。

    メールでのお問い合わせ

関連ソリューション・サービス

ERPシステムBiz∫

Biz∫フロント
現場業務の効率化と内部統制基盤をスピーディに提供

e-文書連携オプション
経費精算システムで実現するe-文書法スキャナ保存

関連導入事例

株式会社トヨタIT開発センター ERPシステム Biz∫導入事例
「稟議をリアルタイムに把握、予算執行を見える化研究者、技術者の業務負担を軽減」

当社についてのお問い合わせは、以下よりお願いいたします。

メールでのお問い合わせ