Notes移行サービス
DOLFIJN(ドルファイン)

Notes移行プロジェクトにおけるデータ移行のお悩みを解決

Notes移行サービスDOLFIJN(ドルファイン)とは

Notes移行サービスDOLFIJN(ドルファイン)は、Notesに関する実績とノウハウをもったNTTデータビジネスシステムズが提供するNotesDBをHTMLファイルへ変換するサービスです。
当社独自の変換ツールによりNotes文書や必要情報をHTMLファイルに変換し、NotesDB単位で生成したフォルダに出力いたします。
HTML化することで、特別な環境や専用アプリを用意せずに閲覧することができるようになります。 また、検索用サーバ(※)をご用意いただくことにより、さらに優れた操作性を追加することも可能です。

当社独自の変換ツールでNotesDB毎に高速&大量変換 サービス概要

※intra-martを導入している場合、intra-martから検索・閲覧することが可能となります。
(この場合、参照ファイルに対するユーザーのアクセス権限もintra-martにて設定可能)

Notesホワイトペーパーダウンロードバナー


オプションサービス:事前調査サービス

Notes移行サービスDOLFIJN(ドルファイン)のお見積りには、移行対象のDB数・ビュー数・文書数などの一覧をお客さまに整理頂き、ご提示頂いております。本オプションサービスは、ビューの事前調査をお客さまに代わって当社が行うサービスです。
詳細につきましては、お問い合わせフォームよりご連絡下さい。

課題と解決策

Notesについて、こんな課題はありませんか?

  • 監査対応のためNotesに蓄積されている過去文書を残したいが、Notes移行時のデータ移行費用は抑えたい
  • Notesを完全に撤廃することになったため、Notesに残された文書を参照できる形へ短期間で移行したい
  • 進行中のNotes移行プロジェクトにおいて、文書の移行に関して高額な見積金額を提示されているが、節約できる方法があれば知りたい
  • Notesから他システムへ様々な業務を移行したが、Notesに残されている情報資産は失いたくない
  • 予算の関係で移行を諦めた文書を費用を抑えて移行したい

NTTデータビジネスシステムズの「Notes移行サービスDOLFIJN(ドルファイン)」にお任せください

  • 編集・更新が不要な文書はHTMLに変換


    利用頻度が低く編集が不要なNotes文書は参照用として、HTMLファイルに変換して移行することで、プロジェクトの費用削減に寄与できます。

  • 高額になりがちなデータ移行費用を抑制


    当社独自の変換ツールを用いることで、従来の人手中心のデータ移行と比較し、移行にかかる費用を大幅に抑えることができます。

  • 大切な情報資産の参照を容易に継続


    長年Notesを利用してきた企業にとって、Notesに蓄積された文書は大切な情報資産です。これらの情報資産をHTMLファイルに変換することで、今後も参照することができます。

  • 予算に合わせたデータ移行


    ビュー数と文書数に合わせてデータ移行費用を決定します。 そのため、お客さまの予算に合わせて移行対象を選択することができます。

  • 短期間でデータ移行が完了


    当社独自の変換ツールを用いることで、高速化・高精度化・大量変換を実現したため、データ変換にかかる時間を大幅に削減することができます。

Notesにこんな課題はありませんか?NTTデータビジネスシステムズの「Notes移行サービスDOLFIJN(ドルファイン)」にお任せください

  • 監査対応のためNotesに蓄積されている過去文書を残したいが、Notes移行時のデータ移行費用は抑えたい
  • 編集・更新が不要な文書はHTMLに変換

    利用頻度が低く編集が不要なNotes文書は参照用として、HTMLファイルに変換して移行することで、プロジェクトの費用削減に寄与できます。

  • Notesを完全に撤廃することになったため、Notesに残された文書を参照できる形へ短期間で移行したい
  • 高額になりがちなデータ移行費用を抑制

    当社独自の変換ツールを用いることで、従来の人手中心のデータ移行と比較し、移行にかかる費用を大幅に抑えることができます。

  • 進行中のNotes移行プロジェクトにおいて、文書の移行に関して高額な見積金額を提示されているが、節約できる方法があれば知りたい
  • 大切な情報資産の参照を容易に継続

    長年Notesを利用してきた企業にとって、Notesに蓄積された文書は大切な情報資産です。これらの情報資産をHTMLファイルに変換することで、今後も参照することができます。

  • Notesから他システムへ様々な業務を移行したが、Notesに残されている情報資産は失いたくない
  • 予算に合わせたデータ移行

    ビュー数と文書数に合わせてデータ移行費用を決定します。 そのため、お客さまの予算に合わせて移行対象を選択することができます。

  • 予算の関係で移行を諦めた文書を費用を抑えて移行したい
  • 短期間でデータ移行が完了

    当社独自の変換ツールを用いることで、高速化・高精度化・大量変換を実現したため、データ変換にかかる時間を大幅に削減することができます。

Notesにおける実績・ノウハウ

1995年~
    某製造メーカーへのNotes導入を契機にNotesビジネスを開始しました。 Notesが日本に紹介されて以降、20年以上に渡る開発・運用実績を持っています。
自社実績
    長年にわたって自社システムとして利用していたNotesを、intra-martを 軸とした他システムへのマイグレーション実績があり、完全撤廃を実現した 知見・ノウハウを持っています。
マイグレーション
サービス
    imforce Notesマイグレーションサービスを立ち上げ、Notesアプリケーション のマイグレーションを推進しています。

NotesとNTTデータビジネスシステムズ

NTTデータビジネスシステムズは長年に渡りNotesビジネスに携わっており、Notesを利用したシステムの構築、Notesから他ソリューションへのマイグレーションなど、多種多用な大規模~小規模の開発まで、Notesビジネスにおいて幅広い範囲で実績があります。

Notesから他システムへの移行プロジェクトを実施する中で、お客様から「データ移行費用を抑えたい」「蓄積されている情報の更新は不要だが、情報を残しておきたい」といったご要望をいただき、Notes移行サービスDOLFIJN(ドルファイン)の提供を開始いたしました。近年は、既にNotesから他システムへ移行済みのお客様からも、「Notesに残されている情報資産を失いたくない」「今後も気軽に参照したい」「移行を諦めたデータの扱いをどうすれば良いか分からない」といったご相談を頂いており、こちらのNotes移行サービスDOLFIJN(ドルファイン)を提供しています。



Notesホワイトペーパーダウンロードバナー

まずは現状の課題をお聞かせください。
ご要望に応じたソリューション・サービスをご提案させて頂きます。

Notes移行サービスDOLFIJN(ドルファイン)についてのご相談は、お電話またはお問い合わせフォームにて承ります。
ご要望に応じてご訪問も可能ですので、まずはご連絡ください。

お電話でのお問い合わせは

0120-458-459

メールでのお問い合わせ