WinDirector

WinActorの管理統制ツール『WinDirector™』

WinDirectorとは

WinDirectorは、複数導入したWinActorを全社で一元的に管理・統制するための運用ツールです。

  • シナリオの
    一元管理
    社内で稼働しているシナリオ(RPA=ロボットが実行している業務)を、一元管理して「見える化」を実現します。
  • シナリオの
    実行管理
    シナリオ実行の時間や実行順番の指定、複数のWinActorを使った多重実行などを行えます。
  • WinActorの
    稼働状況管理
    WinActorの稼動状況や死活監視といった
    管理機能を備えています。 実行状況は、ダッシュボード機能によりリアルタイムに目視で確認できます。

課題と解決策

     

WinActor本格導入後に直面する課題
「WinActor」を本格導入して業務の効率化に成功!
しかし、ロボットの台数が増えていくと、こんな課題が発生することも・・・

  • シナリオの内容を更新したが、うまく動かない。以前のバージョンに戻したいが、該当のシナリオが見つからない
  • シナリオの実行管理を組織ごとに委ねているが、実行環境を集約して全社管理に移行したい
  • シナリオの活用状況を把握し、更なる業務の効率化を目指したい
  •      
  • 複数あるWinActorの稼働状況や死活確認ができない

これらの課題をWinDirectorで解決できます。

  • シナリオ管理機能を利用しバージョン管理WinActorで作成したシナリオをWinDirectorに登録することで、シナリオの一元管理、シナリオのバージョン管理ができます。更新されたタイミングでリビジョン管理され、過去のリビジョンに戻すことも可能です。
  • シナリオをジョブとして管理し、 運用効率UPシナリオをジョブとして登録。組織別に登録できるため、組織別にシナリオを把握・実行する管理が可能です。
  • ジョブの稼動状況を管理ジョブの成功率、失敗率、実行率を組織別・シナリオ別にグラフ表示で確認でき、稼働率の低い「ジョブ」を見つけて、シナリオを改善したり、運用そのものを見直すといったことができます。
  • 実行環境の監視実行中、待機中、異常停止中、シナリオ停止中などWinActorの動作状態を画像でリアルタイムに確認できます。また、異常時には管理者アドレスへメール通知します。

WinDirectorの主な機能

機能 概要
ユーザー管理 WinDirectorシステムにログインするためのユーザー情報を管理(登録/更新/削除)。
ユーザー毎に機能制限を行う権限設定(フルアクセス・実行のみなど)が可能。
ジョブ管理機能 WinActorで実行したいシナリオをジョブとして管理(登録/削除)。
ジョブをスケジュール設定し、繰り返し指定(日、週、月)による実行が可能。             
実行ロボット
監視機能
実行ロボットの実行中、待機中、異常停止中、シナリオ停止中の状態を画像で表示。
異常停止中、シナリオ停止中の場合、画像をクリックして状態を待機中に戻すことが可能。
所属組織単位でシナリオの成功・失敗を棒グラフで表示するダッシュボード機能。
シナリオ
管理機能
WinActorで作成したシナリオをアップロードして登録。
シナリオ毎に所属での使用制限を設定することが可能。
同じシナリオを登録する際は、上書きをせずにバージョン管理。
出力機能 シナリオ一覧、シナリオ更新履歴一覧、ジョブ一覧、ユーザ一覧、端末一覧、企業・所属一覧、実行ロボットグループ一覧をCSV出力。
異常通知 WinDirector及び、実行ロボットのシステム異常時に、登録された管理者アドレスへメールで通知。

代表的なシステム構成図

WinDirectorを導入する際は、「管理サーバ」、「RDSサーバ」、「ActiveDirectoryサーバ」による構成を推奨しております。

RPA×WinActorお役立ち資料 RPA×WinActor
お役立ち資料進呈中!!

まずは現状の課題をお聞かせください。
ご要望に応じたソリューション・サービスをご提案させて頂きます。

WinDirectorについてのご相談は、お電話またはお問い合わせフォームにて承ります。
ご要望に応じてご訪問も可能ですので、まずはご連絡ください。

お電話でのお問い合わせは

0120-458-459

メールでのお問い合わせ