建設業向け次世代統合ERP 建設業統合基幹モデル 建設業の業務運用において必要な業務機能がフルカバーされた統合ERPソリューション

建設業の業務運用におけるERP活用について、
こんな課題はありませんか?

  • 原価管理、購買、会計などの業務システムがバラバラ。システム運用が非常に煩雑で、タイムリーに業務処理も行えない

    建設業業務機能を一元化

    システム統合基盤上に、建設業に必要な業務機能をフルカバー。これにより操作の一貫性とシステムの拡張性を担保しつつ、工事物件の引合〜受注〜完工の基幹業務全体を実現。

  • 工事の見込原価が管理できず、完工直前に赤字だと判明することがある

    精緻な粗利管理を実現

    実行予算原価に加えて月別の支出予測(見込原価)を管理し、工事単位で粗利見込額の把握が可能となり、改善策の早期着手を実現。

  • 引合物件の管理ができない。また受注確度や予定工期に応じた当期売上見込/次期繰越高が把握できない

    戦略的な営業活動をサポート

    工事物件を引き合い段階からシステムで管理し、受注、売上、粗利の見込みを受注前から把握可能。これにより事業計画に即した営業活動を支援。

  • 経営状況が把握できない。また経営データの収集・作成が非常に非効率で手間がかかる

    経営状況を瞬時に把握可能

    繰越工事、見込物件の予測値、工事別予測値、一般予算を集計した事業計画情報を収集・出力する機能を標準装備。経営状況を瞬時に把握することができ、早期の対策が可能。

  • システム更改を検討しているが、従来型のパッケージシステムでは、様々な制約から自社固有要件を実現できない

    要求機能を制約なく実現

    企業固有の業務要件に対応する機構を標準装備。従来型のパッケージシステムでは対応が困難だった原価管理、購買領域などの固有要件にも対応。

建設業統合基幹モデルで実現できること

特長1システム統合基盤「intra-mart」上に建設業に求められる
業務機能を広範囲でカバー

システム統合基盤上に建設業で求められる業務機能を広範囲でカバー。「引合〜受注〜工事・注文・支払〜財務・決算」までの一連の業務範囲に加え、物件の工事履歴や瑕疵・クレーム情報を一元管理する「BLCM」、人事給与管理などもオプションで装備しており、建設業に求められる業務機能をimforce建設業統合基幹モデルで実現します。

経営管理

繰越工事、見込物件の予測値、工事別予測値、一般予算を集計した事業計画情報の把握が可能な「事業計画表」など、工事の粗利や営業利益等、事業全体の着地見込の把握が可能です。次年度の事業計画立案や当年度着地のタイムリーな把握による工事部門及び経営層の速やかな意思決定・対策立案に役立てることができます。

営業管理

物件管理は、工事物件を引き合い段階から管理し、確度管理に加えて出来高曲線により売上・粗利予測も把握できます。また請求管理では、自社フォーマットでの請求書発行だけでなく、施主指定フォーマットでの請求書の発行を想定した機能も備えており、日々の効率的な営業活動を支援します。

工事管理

受注後の工事登録から実行予算管理、購買管理に加え、契約外支払や人件費振替、工事間接費配賦の管理機能も備えており、工事原価を総合的に管理出来ます。また見込原価を用いた原価予測や、出来高曲線による売上・粗利予測も可能な売上高管理など工事部門の迅速かつ正確な意思決定をサポートする機能を豊富に揃えています。

BLCM

工事履歴や点検履歴、また瑕疵・クレーム情報などを物件単位で一元管理することが可能です。一元化された情報を参考に修繕計画を立案、施主に対して過去経緯を踏まえた営業活動の実践やクレーム情報を分析し、品質改善を実施するなどの活用が可能です。

経費精算

請求書払い・立替精算・仮払精算やこれらの事前稟議機能など、現場や管理部門で発生する経費精算業務に関わる機能を標準で装備しています。

人事管理

工事管理(人件費振替、技術者情報)と標準で連携が可能な人事管理・給与管理・勤怠管理をオプションで装備しています。

建設会計

豊富な導入実績を誇る「Biz∫会計(一般会計、債権管理、債務管理、管理会計、電子記録債権債務)」をベースに、JV管理や完成原価振替など、建設業に必要な会計機能も標準実装しており、経費財務部門の効率的な運用をサポートします。また「Biz∫会計」が展開する資産管理、外貨管理、資金管理などのサブモジュールもオプションで装備しています。

システム統合基盤

フレームワーク製品として国内No.1の実績を誇る「intra-mart」と「Biz∫APF」で構成されたimforce建設業統合基幹モデルの運用・開発基盤です。マスタ管理、メニュー管理、権限管理、ログ管理、ワークフロー等はシステム統合基盤で一元管理され、imforce建設業統合基幹モデルの統制機能を担っています。

特長2事業全体の収益予測を
精緻かつ俊敏に把握が可能な標準機能を装備

様々な段階での収益予測を把握可能な仕組みを豊富に装備しています。工事現場及び経営層の速やかな意思決定・対策立案に役立てることができます。

  • 引合物件による
    売上・粗利予測

    工事物件の引き合い段階から、受注確度、出来高曲線を用いて、売上・粗利を自動でシミュレーションすることが可能。

  • 見込原価を用いた
    工事単位の粗利予想

    着工物件において、実行予算原価に加えて見込原価を用いて工事単位に見込粗利の把握が可能。

  • 実績原価・売上高曲線
    による売上・粗利予測

    原価実績や売上、出来高曲線を用いて算出した予測原価・売上により、見込売上・粗利の把握が可能。

見込物件・工事情報を元にした事業計画

これらの情報を集計して、事業計画情報を出力、事業全体の着地見込の把握が可能。

特長3開発自動化ツール「BizAPFワークベンチ」を活用し、
企業固有の業務要件に柔軟に対応

ビジネスアプリケーションの生成機能を備えた開発ツール「Biz∫APFワークベンチ」で、設計情報から各種機能を自動生成することが可能です。これにより企業固有の機能仕様を効率的に実現し、また仕様変更にも迅速に対応することが可能となります。

お問い合わせ

まずは現状の課題をお聞かせください。

ご要望に応じたソリューション・サービスをご提案させて頂きます。

資料請求・お問い合わせ
お急ぎの場合は電話にてお問い合わせください。受付時間10:00〜17:00(土・日・祝日を除く)