NTTデータビジネスシステムズでは、
さまざまな企業のDXを支援します。

お客様のDXの課題を全方位型プロフェッショナルサービスで解決する「imforce」を提供。
戦略立案から、最新テクノロジーを結集したシステムの構築、
そして稼働後の管理維持・保守まで、トータルでサービスを提供します。
DXの入口から出口まで、企業の最良のパートナーとしてお役に立ちます。

NTTデータビジネスシステムズが考える
DXソリューション

さまざまな業界や企業のビジネス変革の実現に向けて
NTTデータビジネスシステムズが考えるソリューションの一例をご紹介します。

Case1

先進のOCR、RPA 、BPM活用で、経費精算を短縮し、
業務の効率化を推進。

経費の計画決裁や精算などは日常のルーティンワークですが、経理上ミスの許されない重要な作業です。
そのため、二重入力や多重チェックなど、膨大な時間を費やして作業を完遂します。成長企業にとって極めて貴重な人財リソースを有効活用する上でも、その効率化は、企業が取り組みたい大きな課題の一つです。
そこで、OCRにより領収書などを読み込んで電子化。事前申請時のデータと読み取った領収書などのデータをRPA(Robotic Process Automation)が自動的に突合。誤りのないデータのみを会計システムに連携します。さらに、事前申請から伝票入力までの業務プロセスの実行をBPM(Business Process Management)がトータルに管理することにより、経費精算で発生するすべての業務負担を削減し、会社全体の業務プロセスを効率化。営業や経理担当者は本来業務に専念できます。

Case2

生体認証と位置情報を活用した勤怠管理で
テレワーク勤務を推進。

場所や時間にとらわれない、柔軟な働き方により優秀な人財を確保したという経営課題がある一方で、誰が、どこで、いつ働いたか、正確な勤怠情報の管理は、労務監査や法令対応の面からも重要です。
そこで、顔や静脈、指紋を利用した高セキュリティの生体認証と、無線LAN、Wi-Fi、携帯基地局、GPSなど目的に合わせた位置情報を柔軟に活用。たとえば、テレワーク端末(PC、タブレット、モバイル)のカメラによる顔認証で本人確認と位置情報を取得することで勤務地実態を把握。在宅勤務や出張はもちろん、自社回線が引けない工事現場、仮設オフィスなどでもテレワーク導入を推進します。

Case3

お問い合わせ業務のAI活用で顧客満足度を向上。

Webサイトからのお問い合わせ対応、コールセーターやお客様相談室、自社内のユーザサポートなど、幅広い業種のお問い合わせ業務に変革をもたらします。
例えば、Webサイトのお問い合わせページに寄せられた情報に対して、AIが過去のQA情報から類似の回答を返します。さらにスマートフォンのSNSツールを活用したお問い合わせの場合は、AIが追加質問を投げ、複数ある過去の類似情報から最適な回答の絞り込みを実施します。問い合わせた本人は、チャットによる質問に回答するだけ。電話応対と違って待たされることもありません。
一方、電話応対による問い合わせには音声認識より顧客とオペレータの会話をリアルタイムで表示。会話のテンポや、語尾の抑揚から感情を可視化し、顧客タイプに基づく応対をナビゲートします。問い合わせ業務に関わる自社要員の心的負荷、稼働負荷の軽減だけでなく、問い合わせ形式や相手に合わせた適切な応対が可能となり、顧客満足度の向上に寄与します。

お問い合わせ

まずは現状の課題をお聞かせください。

ご要望に応じたソリューション・サービスをご提案させて頂きます。

資料請求・お問い合わせ
お急ぎの場合は電話にてお問い合わせください。受付時間10:00〜17:00(土・日・祝日を除く)