【オンラインセミナー】コロナ禍で求められる「新たなRPA活用方法」とは

2020年9月28日:
主 催株式会社NTTデータ ビジネスシステムズ

関連製品

概要

~COVID-19禍において企業のDX推進の中枢を担っているRPAの活躍を契機に検討するべき「自社のDX成長戦略とその実行ストーリー」~

奇しくも昨今のCOVID-19禍がレバレッジとなって、従来の「働き方改革」、「業務効率化」、「DX化」が、これまでにないレベルでパワーブーストしています。 その中でも一定の効果を出してきたのはRPAによる業務の自動化であり、ここ数年で大企業の導入レベルは51%を超えています。
このように、その手軽さから導入が進んでいるRPAですが、このWith COVID-19においては以下の2つの大きな課題が顕在化しております。
 
■ COVID-19への対応・・・従業員の安全を守りつつ~事業を止めない・・・在宅勤務下での事業継続(喫緊課題)
■ RPA導入は進んだが、RPA同士のコンフリクトやかつてのExcelのマクロ業務が起こしたようなツール乱立~アンガバナンスへの対応(短中期課題)
 
このような背景においては、喫緊のWith COVID-19での業務の流れを整理~対処・・・その中でも効果が大きく見込まれるRPA等の機能の再整理と 今後、この「禍」を「機」に業務改革を加速させて自社のDXの周回遅れを取り戻すための着実なストーリー作りが求められます。
本セミナーでは、With COVID-19におけるDX推進の中心を担うRPA導入をめぐる現状課題や、次の成長戦略へスムーズに繋げるためのキーポイントについて、 RPAやDX改革の取り組み実事例を交えて、その効果や有効性をご紹介させて頂きます。

日時

2020年9月28日 13:30~14:30(入場は10分前から)

開催方法

Zoomウェビナー
下記「このイベント・セミナーへのお申込み」よりお申込みをお願いいたします。
参加申込完了後、フォームの自動返信メールで参加方法をご連絡します。

※ウェビナー参加時に表示される「レコーディングに関する同意画面」について
本ウェビナーはZoomミーティングのウェビナー機能を使用するため、視聴者の方のビデオ・音声がレコーディングされることはございません。本ウェビナーでレコーディングされる内容は、講師および司会の映像・音声ならびに共有画面となります。

定員

500名(定員になり次第受付終了となります。)

費用 無料

関連製品

当社についてのお問い合わせは、以下よりお願いいたします。

メールでのお問い合わせ