【開催報告】顧客にとっての最高のおもてなしとは?
~カスタマーエクスペリエンスの本当の姿~

2019年3月13日:
主 催株式会社マイナビ
共 催株式会社NTTデータビジネスシステムズ

開催報告

2019年3月13日、東京・秋葉原UDXで「顧客にとっての最高のおもてなしとは? カスタマーエクスペリエンスの本当の姿」セミナーが開催されました。会場には約100名の聴講者が駆けつけ、デジタルコミュニケーション時代における"おもてなし"とは何か、顧客にとっての価値最大化に最先端技術をどう活かせばいいのか、そのエッセンスを示す2つの基調講演に熱心に耳を傾けていただきました。

開会挨拶のあと、最初に登壇したのは、パルコのグループデジタル推進を担当されている野中氏。「PARCOの目指す『Serendipity Center』実現に向けてデジタル×リアルの融合」というテーマでご講演頂きました。その中では、「来店前」「来店中」「来店後」という3つのフェーズで取り組んでいる具体的な施策、実証実験での事例などをご紹介頂き、顧客分析を絡めた売上向上、送客施策、ロボットを利用したテナントへの案内に関する実証実験など、映像を交えてご紹介頂きました。

2人目の基調講演では、ハウステンボス株式会社でCTOを務める富田氏より、「AI、ロボット、IoTを社会に活かす。~人がより幸せになるような未来を創る会社の使命とは?~」というテーマでご講演頂きました。講演では、自身オリジナルの情報のヒエラルキーをベースに富田氏が考えるおもてなしを語り、聴講者に考えさせるような普段とは違った切り口の講演となりました。また、ハウステンボスで実施している実証実験や300機のドローンを利用したイルミネーションのイベント模様など、映像を交えてご紹介頂きました。

当社セッションでは、ビジネスソリューション企画営業部 熱田より、顧客を取り巻く多様なチャネル(タッチポイント)へのシームレスな対応を重要なキーワードとして語りました。また、顧客中心とした取組として、顧客管理基盤やEC、決済など様々なチャネルへの対応についてご紹介いたしました。

3月の繁忙期にも関わらずご来場いただきありがとうございました。
盛況のうちにセミナーを執り行えましたこと、スタッフ一同厚く御礼申し上げます。

本セミナーの講演内容のご説明、ソリューションのご紹介などのご要望がございましたら、是非お問合せください。
NTTデータビジネスシステムズでは、今後もお客様の課題解決に向けて、様々なテーマのセミナーで情報提供を実施して参ります。

概要

(※以下は開催ご案内時の内容となります。)

顧客の消費行動が多様化しているなか、カスタマーエクスペリエンス(CX)を向上したくても目指すべき新しい業態の姿が見えず、悩んでいる担当者も数多くいることでしょう。
本セミナーは「カスタマーエクスペリエンスの向上」をテーマに、顧客行動分析をどのようにホスピタリティへと結びつけるかを解説していきます。
1つ目の基調講演では、株式会社パルコ様が登壇します。顧客と商品・サービスの「Serendipity」(素敵な出会い)を実現するために、顧客行動の見える化と分析、そしてさまざま施策へと活かしていく過程を明らかにします。
2つ目の基調講演では、ハウステンボス株式会社様による未来を見据えた取り組みを紹介します。「変なホテル」を例に、ロボットの全面採用で顧客を楽しませつつ、徹底した自動化やロボット化でいかに顧客へのホスピタリティを実現するのかを掘り下げていきます。
ぜひ本セミナーで、カスタマーエクスペリエンス向上のためのヒントをたくさん持ち帰っていただきたく思います。

日時 2019年3月13(水)15:00~16:55(受付開始 14:30)
会場

秋葉原UDX GALLERY(ギャラリー)
〒160-0022 東京都千代田区外神田4-14-1
・JR秋葉原駅 電気街口より徒歩2分
・つくばエクスプレス 秋葉原駅A3出口より徒歩3分
・東京メトロ日比谷線 秋葉原駅2番出口より徒歩4分
・東京メトロ銀座線 末広町駅1番または3番出口より徒歩3分

UDX GALLERY(ギャラリー)への行き方はこちら

<会場周辺地図>

定員

100名(事前予約制)
締め切り日以前に定員に達した場合は、その時点で締め切らせていただきます。
※同業他社、学生の方などは、参加をご遠慮いただく場合がございますので、あらかじめご了承ください。
※お申し込みが定員に達した場合は、抽選により参加をご遠慮いただく場合がございますので、あらかじめご了承ください。

費用 無料

プログラム

14:30~15:00 受付開始

15:00~15:05

ご挨拶
15:05~15:55

PARCOの目指す「Serendipity Center」実現に向けたデジタル×リアルの融合

株式会社パルコ
グループデジタル推進室 デジタル推進担当 部長
野中健次 氏

【概要】
株式会社パルコ様は、デジタルとリアルを融合させ、お客さまとショップスタッフ、お客さまと商品・サービスとの出会いを生みだす環境創りに取り組んでいます。自社アプリ「POCKET PARCO」を中心に、さまざまなソリューションを駆使して、どの様にお客さまとのコミュニケーションを構築しようとしているかをご紹介します。

15:55~16:05

顧客を中心に据えた取組のご紹介

株式会社NTTデータビジネスシステムズ

16:05~16:55

AI、ロボット、IoTを社会に活かす。~人がより幸せになるような未来を創る会社の使命とは?~

株式会社hapi-robo st 代表取締役社長
ハウステンボス株式会社 取締役CTO
富田直美 氏

【概要】
ハウステンボス株式会社様は「世界の人々に喜びと感動を提供し、新しい観光都市を創造します」を経営理念に、未来を見据えた様々な挑戦を行っています。 ハウステンボス直性の「変なホテル」ではロボットの全面採用で顧客を楽しませつつ、徹底した自動化やロボット化によって、世界最高の生産性を実現すると同時に、幸福、環境、ビジネスの「三位一体」の実現を目指しています。

16:55

閉会

講師プロフィール

野中氏写真野中健次氏
株式会社パルコ
グループデジタル推進室 デジタル推進担当 部長


[略歴]1993年パルコ入社後、本部や全国の店舗でテナントリーシング、宣伝販促、経理業務等に携わった後、2013年にグループである百貨店に出向し、顧客、販促業務に加え、クリック&コレクト等のオムニチャネル構築に従事。2015年度パルコに戻り、WEB/マーケティング部に着任。店舗のICT活用や、ハウスカードとスマホアプリを連携した個客マーケティング推進を担当。部門としてはアプリ・ハウスカード・WEBコマース・ショップスタッフ研修等、顧客コミュニケーションに関わるツールの開発・運営が担当。「接客の拡張」「24時間パルコ」の実現がテーマ。2017年度より、WEB/マーケティング部のシステム開発担当が、情報システム部門と統合し、アプリ、EC、データ活用等マーケティング関連を中心にシステム開発を担当。

講師プロフィール

富田氏写真富田直美氏
株式会社hapi-robo st 代表取締役社長
ハウステンボス株式会社 取締役CTO


[略歴]1948年生まれ。静岡県出身、国際商科大学卒。外資系IT企業の日本法人社長など11社の経営に携わる。(財)日本総合研究所理事、社会開発研究センター理事、アジア太平洋地域ラジコンカー協会初代会長等を歴任。“富田考力塾”を全国展開。多摩大学の客員教授。2016年hapi-robo stを立ち上げ、ハウステンボス取締役CTOとしてエイチ・アイ・エスグループのロボット事業全般を統括。ラジコンはプロレベル。ドローンによる空撮もプロとして活躍。

当社についてのお問い合わせは、以下よりお願いいたします。

メールでのお問い合わせ