【無料セミナー】人財育成によるパフォーマンス向上と人事業務のOCR・RPA活用
~社員の生産性UPと人事業務の効率化で実現する働き方改革~

2018年2月27日:
主 催株式会社NTTデータビジネスシステムズ
共 催株式会社電通国際情報サービス

概要

働き方改革が推進される中、「多様な働き方」、「労働時間の短縮」、「人財管理・育成」のテーマに対する1つの対策として、「生産性向上」の取り組みを各企業で挙げていますが、実際には実行に向けた課題に悩んでいる企業も多く見受けられます。

本セミナーでは、人財活用のマネジメント変革と人事変革の支援を行っている鬼本昌樹氏をお招きし、企業の働き方改革の方向性と企業が取り組むべき施策について解説いただき、後半にはタレントマネジメントソリューションおよびRPAソリューションを利用した具体的な活用方法についてご紹介いたします。

関連製品

本セミナーのポイント!!

  • 人事業務の働き方改革の動向・他企業の取り組み事例等の最新情報をご紹介
  • 人材スキル把握および戦略的な適正配置や教育の取り組みに寄与する方法をご紹介
  • 業務効率化の促進につながる最新デジタル技術の活用方法をご紹介
日時 2018年2月27日(火)14:30~16:50(受付開始 14:00~)
会場

株式会社電通国際情報サービス 本社セミナールーム(セミナー1900)
東京都港区港南2-17-1
JR東海道線・JR山手線・JR京浜東北線・JR横須賀線/京浜急行線「品川駅 港南口」より徒歩10分

<会場周辺地図>

isid_map_walk.jpg
定員

50名(事前予約制)
締め切り日以前に定員に達した場合は、その時点で締め切らせていただきます。
(お申込状況により、1社あたりの参加人数を制限させていただく場合がございます。)
(同業他社様のご参加はお断りさせていただく場合がございます。)

費用 無料(ご参加いただいた際にアンケートへの協力をお願いいたします。)

このイベント・セミナーへのお申し込み

プログラム

14:00~ 受付開始
14:30~14:40 ご挨拶
14:40~15:30

 基調講演 
『社員の働き方改革』

戦略人財コンサルタント 代表
鬼本 昌樹 氏

【概要】
社員の生産性を大幅に改善するためには、個人の取り組みでは限界があり、会社全体としての効果は限定的です。働き方改革が各社で行われているものの、本質的な取り組みを行っている事例は多くないように思えます。新たな"人材マネジメント"のあり方、人事部門の役割の高度化も含めた施策について解説していただきます。

【講師紹介】
戦略人財コンサルタント代表 鬼本 昌樹 氏

0227講師写真.jpg

京都大学理学部、カリフォルニア州立大学ロングビーチ校理学部卒
日本オラクル、GEキャピタル、ニューバランス、上場の日本企業2社にて人材開発部長、人事部長、人事役員、副社長を経てコンサルタントとして独立。
現在、人財活用のマネジメント変革と人事変革の支援を行っている。タレントマネジメントは10年以上の実績を持つ。

15:30~15:40 休憩
15:40~16:20

『ソリューション活用によるタレントマネジメントの実現』

株式会社電通国際情報サービス

【概要】
「POSITIVE」は人事・給与・就業管理の効率化から、タレントマネジメント支援、グローバル人事まで、あらゆる人財マネジメントニーズに対応する統合HCMソリューションです。
多くの企業様で意識が高められている働き方改革の中での実際の課題を例に、「POSITIVE」で解決することにより、社員のパフォーマンスを向上し、働き方を変えることができるかパッケージベンダの経験に基づきご紹介いたします。

16:20~16:50

『人事業務の最新デジタル技術活用』

株式会社NTTデータビジネスシステムズ

【概要】
人手不足が社会的な課題となっている中、その解決策の一つとしてホワイトカラーの定型作業を自動化するデジタルレイバー(Digital Labor)の導入が金融業を中心に進んでいます。デジタルレイバーのひとつであるRPA(Robotic Process Automation)を人事業務の定型作業に適用することで、人事部門から始まる働き方改革の推進に寄与します。本セッションでは人事業務におけるRPA等の最新デジタル技術の活用例をデモンストレーションを交えながら説明いたします。

16:50~ 質疑応答

関連製品