会計業務における
「グループ・グローバル統合」の勘所セミナー

2016年2月24日:
主 催株式会社NTTデータ、株式会社NTTデータ ビジネスシステムズ
共 催株式会社NTTデータビズインテグラル

概要

経営計画実現に向けたM&Aの活用、グループ会社統廃合といった経営環境変化により、経営企画部門・経理部門では、 業務効率化と並行して、リスクマネジメントを行いながら、国内、海外グループ会社のガバナンス強化を進めていく必要に迫られています。グループ会社が個別に基幹システムを導入する時代は終焉しつつあり、グループ経営、ガバナンス強化を目的に、グループ共通で基幹システムを導入するケースが増えてきています。

今回のセミナーでは、国内・海外に多くのグループ会社をお持ちの企業様に向けて、NTTデータが導入したユーザ事例をもとに会計業務の標準化・ガバナンス強化・共通会計システム展開のポイントをご紹介いたします。

さらには、NTTデータグループの事例では、会計領域のみならず、現場フロント領域においても統一システムを導入し、ガバナンス強化を実施した事例のご紹介をいたします。

ご来場を心からお待ち申し上げます。

本セミナーのポイント!!

  • グループ会計導入時の会計業務標準化・ガバナンス強化の勘所を知りたい。
  • 他企業におけるグループ会計システムの導入事例を知りたい。
  • ガバナンス構築、プロセス改善に貢献できるフロント、バックオフィスソリューションとは。
日時 2016年2月24日(水)14:00~17:00(受付開始 13:30~)
会場 株式会社NTTデータ「INFORIUM豊洲イノベーションセンター」
東京都江東区豊洲3-3-3 豊洲センタービル10階
東京メトロ 有楽町線 豊洲駅 1bまたは3出口すぐ
会場周辺地図
定員

20名(事前予約制)
締め切り日以前に定員に達した場合は、その時点で締め切らせていただきます。
(お申込状況により、1社あたりの参加人数を制限させていただく場合がございます。)
(同業他社様のご参加はお断りさせていただく場合がございます。)

費用 無料(ご参加いただいた際にアンケートへの協力をお願いいたします。)

プログラム

13:30~ 受付開始
14:00~14:05 ご挨拶
14:05~14:55

『グローバル展開の勘所!
業務・システムのグローバル標準化に向けたアプローチ』

株式会社NTTデータ
コンサルティング&マーケティング事業部

【概要】
日系企業が海外市場に進出し、グローバル化がますます進んでいる中、国内だけでなく、現地拠点・海外子会社も含めた業務の標準化・カバナンス確保は重要な課題となっています。また、一方で現地ローカル法制度・商慣習へも並行して対応するとともに、グローバルでの全体最適化を考慮しながら、業務・システムを実現する必要があります。そのような業務およびシステムのグローバル化対応にどのように対応しているのか、会計分野を中心に、実際の対応事例を交えてご紹介します。

15:05~15:20 休憩
15:20~15:55

『全社統一!今だから語る、会計業務プロセス改善のプロジェクト立ち上げからグループ約70社共同利用までの軌跡』

株式会社NTTデータ
技術革新本部 ITマネジメント室

【概要】
NTTデータはグループ全体の管理費削減のために、業務プロセス標準化を図り、さらにはシェアードサービスの導入で業務の集約化を進めています。業務プロセスの標準化・効率化を行うにあたり、グループ会計フロントの導入を前提にワークフローの標準化やコンプライアンス確保の仕組みを構築しています。本セッションでは、当該施策の背景やグループ会計フロントで実現している仕組みを中心に導入ポイント、導入効果を業務標準化、コンプライアンス強化の取組を織り交ぜながらご紹介します。

15:55~16:30

『経理業務ガバナンス強化、プロセス改革ソリューションのご紹介』

株式会社NTTデータビジネスシステムズ
Biz∫ソリューション営業部

【概要】
グループ経営の効率化、連結決算早期化に向けて、経理業務のシェアード化の推進、経理部門がコア業務に専念できるため仕組みの導入等が代表として挙げることができます。 本セッションでは、事例も交えて、経理業務のガバナンス強化・プロセス改革に寄与するフロント・バックオフィスソリューションのご紹介を致します。

16:30~16:40 ご質問

当社についてのお問い合わせは、以下よりお願いいたします。

メールでのお問い合わせ