• ホーム
  • 開発実績
  • タイムリーな損益管理とWebEDIによる業務改善を可能とする販売・会計ソリューション

開発実績

Development

広告業・流通業・卸売業(商社) 様
タイムリーな損益管理とWebEDIによる業務改善を可能とする販売・会計ソリューション

導入前の課題
  • 案件やプロジェクトごとの損益管理を行いたいが、複数システムからのデータ集計に時間がかかるため、タイムリーに状況把握・判断ができない。

  • 仕入先との購買業務が、属人化した手作業や個別ツールによる対応となっており、対応状況が把握できない。また、紙帳票の発送や管理のための事務作業が、大きな負担となっている。

  • 役務サービスと在庫の受発注が別システムとなっているため、マスタ管理や伝票の二重入力が発生し、大きな負担となっている。
導入後
  • 様々な取引を一気通貫で管理することで、案件やプロジェクト毎の損益状況をタイムリーに見える化し、素早いアクションが可能となった。

  • WebEDIシステムの導入により、属人化していた購買業務の標準化を実現。また、帳票のペーパーレス化を実現し、紙帳票の発送コストを削減した。


  • システムを統合してマスタや伝票を一元管理することにより、二重入力が解消し、業務とシステムのシンプル化を実現した。

案件やプロジェクト毎の損益状況をタイムリーに見える化

統合基幹ソリューションでは、案件登録、案件の紐付や完了状況などのステータス管理、案件単位の損益情報出力機能などを提供します。全ての受発注、経費伝票に対して案件コードを紐付け、案件型の原価管理の仕組みを導入することにより、取引情報から独立した損益管理を実現します。
統合基幹ソリューションで損益状況を一元管理することにより、案件毎の採算状況をタイムリーに見える化。案件別、部門別、予算コード別、セグメント別の収支を確認できるようになり、データ分析により素早いアクションが可能となります。

全ての受発注取引を統合基幹ソリューションで一元管理

WebEDIの導入により、属人化していた購買業務の共通化とシステム化、およびペーパーレス化を実現

WebEDIの導入により、購買担当者毎に属人化していた購買業務がシステムに沿って標準化され、担当者以外でもシステム上で対応状況が即座に把握できるようになります。また、仕入先からの見積回答を連携し、発注伝票を自動作成することで業務効率化を実現します。さらに、WebEDIによりペーパーレス化を実現し、従来の紙帳票の発送コストを削減します。

案件コードによる取引情報から独立した損益管理を実現

全ての受発注取引を統合基幹ソリューションで一元管理

統合基幹ソリューションでは非在庫管理品と在庫管理品の両方の受発注に対応し、システム統合が可能となります。特に在庫管理品の受発注では、「セット品管理」、「単一受注伝票での複数得意先管理」、「受注に対する出荷指示・出荷実績一括取込」、「発注に対する受入一括取込」などにより流通・商社向けの在庫管理の受発注にも対応可能となります。
また、複数システムから取得したデータを変換・結合する必要が無くなり、初めから統一化されたコードによるデータ分析が可能となります。

WebEDIの導入により、属人化していた購買業務の共通化とシステム化、およびペーパーレス化を実現

システムイメージ

関連製品

Biz∫会計
スピード経営・グループ経営の時代に適したIFRS対応の会計パッケージ

Biz∫販売
柔軟な業務適合を実現する販売・購買・在庫管理ソリューション

当社についてのお問い合わせは、以下よりお願いいたします。

メールでのお問い合わせ

  • ホーム
  • 開発実績
  • タイムリーな損益管理とWebEDIによる業務改善を可能とする販売・会計ソリューション