• ホーム
  • イベント・セミナー
  • 【開催報告】AI活用セミナー「ヘルプデスク業務の高度化」~失敗事例から学ぶナレッジ資産化への道~

【開催報告】AI活用セミナー「ヘルプデスク業務の高度化」
~失敗事例から学ぶナレッジ資産化への道~

2019年11月29日:
主 催株式会社NTTデータビジネスシステムズ
共 催株式会社オルツテクノロジーズ

開催報告

2019年11月29日に『AI活用セミナー「ヘルプデスク業務の高度化」~失敗事例から学ぶナレッジ資産化への道~』を開催しました。

ご来場頂いたお客様からは、「ヘルプデスクの通常の受付により、学習されていくのが大変興味深かった」、「intra-mart上でAIヘルプデスクを構築できることに非常に興味を持った」など数多くのご意見・ご感想を頂き、大変盛況なセミナーとなりました。厚く御礼申し上げます。

第一部の『基調講演 ~AI活用におけるデータ蓄積の重要性とデジタルクローンの未来~』では、株式会社オルツ 米倉氏より、企業がデータを蓄積する重要性と、プラットフォームや分散型ネットワーク基盤がもたらすデジタルクローンの未来についてご紹介いただきました。オルツ社は「全人類1人1デジタルクローン」をビジョンとして掲げており、誰もが自分のAIを持ち、日々繰り返される雑務から解放され創造的な活動に集中できる世界についてご説明いただきました。

第二部の『AI導入の成功/失敗のポイントとビジネス活用事例』では、株式会社オルツテクノロジーズ 浅井氏より、様々なシーンでのAI活用例をご紹介頂き、失敗事例からAI導入を成功に導くために必要なポイントや選定基準についてご紹介いただきました。また、実際のビジネス活用例として、業務の迅速化、ナレッジの資産化を実現した事例をご紹介いただきました。

第三部の『自然言語処理の最新AIを活用したヘルプデスクの実演』では、株式会社NTTデータビジネスシステムズ 高橋より、日本語表現特有のゆらぎや曖昧さをAIが吸収し、問い合わせ内容の真意を理解した回答を担当者にご提供するAIヘルプデスクを実演いたしました。様々な問い合わせ対応における回答品質/レスポンス向上/ノウハウ集約による業務の迅速化・高度化の実現についてご説明いたしました。

第四部の『ヘルプデスク導入事例 ~3ヵ月という短期間で業務デザイン、導入、運用開始~』では、NTTデータビジネスシステムズ 藤川より、業務プロセス整備と基盤づくりにより標準化、迅速化を実現し、顧客満足度向上と顧客接点増加につなげた事例についてご紹介いたしました。

第五部の『AI導入ステップのご紹介』では、NTTデータビジネスシステムズ 佐藤より、AIヘルプデスクの導入に向けた課題創出、PoCの進め方など、導入を進めるために必要な手順やポイントについてご紹介いたしました。また、デジタルテクノロジーをより手軽かつ迅速にビジネスに活用するための取組みである「imforce Lab」についてご紹介いたしました。

本セミナーの講演内容に関するご説明、ソリューションのご紹介、具体的なデモンストレーションのご要望がございましたら、是非お問合せください。NTTデータビジネスシステムズでは、今後もお客様の課題解決に向けて、様々なテーマのセミナーで情報提供を実施して参ります。

関連製品

概要

(※以下は開催ご案内時の内容となります。)

問合せ業務は、お客様・取引先/代理店・社内など、様々なステークホルダーからの問合せに対して、求められる最適な“答え”を瞬時に提供することで、問合せ者の満足度向上につながる重要な業務です。昨今、AI活用が加速するなか、ヘルプデスク業務におけるAI活用が期待されています。実際はなかなか思うように導入が進まなかったり、導入しても使いこなすことができないなど、AI導入の課題を抱えている企業様も多いのではないでしょうか。

本セミナーでは、失敗事例をもとにAI導入を成功に導くために必要なポイントや選定基準、および、実際のビジネス活用例として、業務の迅速化、ナレッジの資産化、楽々運用を可能とし、コスト削減と企業価値向上を実現した事例をご紹介いたします。
また、日本語表現特有のゆらぎや曖昧さをAIが吸収し、問合せ内容の真意を理解した回答を担当者にご提供するAIヘルプデスクの実演を交え、担当者個人のノウハウに依存しない高度な顧客接点業務を実現するソリューションをご紹介いたします。さらに、技術の観点のみならず、ヘルプデスクの体制をいかにして構築するのかといった組織作りのノウハウについても事例を交えてご紹介いたします。

ご来場を心からお待ち申し上げております。

本セミナーのポイント!!

問合せ対応業務(ヘルプデスク)の業務改善を検討している方は必見です。
・AI活用におけるデータ蓄積の重要性とAIがもたらす未来をご紹介
・AI導入の成功/失敗のポイントとビジネス活用事例をご紹介
・日本語表現特有のゆらぎを吸収する最新AIを活用したヘルプデスク実演
・ヘルプデスクの組織構築ノウハウを事例を交えてご紹介

日時 2019年11月29日(金)14:30~17:30(受付開始14:00)
会場

AP品川
京急第2ビル 9F
※AP品川アネックスではございません。お間違いにご注意ください。

〒108-0074
東京都港区高輪3-25-23 京急第2ビル
「品川駅」の中央改札を出て左手方向に進み、高輪口(西口)から徒歩3分

会場周辺地図
apshinagawa_map.png

定員

40名(事前予約制)
締め切り日以前に定員に達した場合は、その時点で締め切らせていただきます。
(お申込状況により、1社あたりの参加人数を制限させていただく場合がございます。)
(同業他社様のご参加はお断りさせていただく場合がございます。)

費用 無料(ご参加いただいた際にアンケートへの協力をお願いいたします。)

プログラム

14:00~ 受付開始
14:30~14:40

ご挨拶

14:40~15:10

基調講演
~AI活用におけるデータ蓄積の重要性とデジタルクローンの未来~

株式会社オルツ

【概要】
昨今AI活用が加速するなか、企業がデータを蓄積することが重要となってきています。将来的には個人のデータ蓄積により個人ごとにAIを持つ時代が到来します。世界最大規模のAIプラットフォームを展開するオルツ社は、「全人類1人1デジタルクローン」をビジョンに掲げ、誰もが自分のAIを持ち、日々繰り返される雑務から解放され創造的な活動に集中できる世界を目指しています。そのためのプラットフォームや分散型ネットワーク基盤と、それらがもたらすデジタルクローンの未来についてご紹介します。

15:10~16:00

AI導入の成功/失敗のポイントとビジネス活用事例

株式会社オルツテクノロジーズ

【概要】
AI導入がなぜ失敗するのか。失敗事例からAI導入を成功に導くために必要なポイントや選定基準についてご紹介します。また、実際のビジネス活用例として、業務の迅速化、ナレッジの資産化、楽々運用を可能とし、コスト削減と企業価値向上を実現した事例をご紹介します。

16:00~16:10

休憩

16:10~16:40

自然言語処理の最新AIを活用したヘルプデスクの実演

株式会社NTTデータビジネスシステムズ

【概要】
日本語表現特有のゆらぎや曖昧さをAIが吸収し、問合内容の真意を理解した回答を担当者にご提供するAIヘルプデスクを実演します。様々な問合せ対応における回答品質/レスポンス向上/ノウハウ集約により業務の迅速化・高度化を実現します。

16:40~17:10

ヘルプデスク導入事例 ~3ヵ月という短期間で業務デザイン、導入、運用開始~

株式会社NTTデータビジネスシステムズ

【概要】
カスタマーエクスペリエンスを改善するとともに、コスト削減、対応速度向上を実現。業務プロセス整備と基盤づくりにより標準化、迅速化を実現し、顧客満足度向上と顧客接点増加につなげる取組みについてご紹介します。

17:10~17:20

AI導入ステップのご紹介

株式会社NTTデータビジネスシステムズ

【概要】
AIヘルプデスクの導入に向けた課題創出、PoCの進め方など、導入を進めるために必要な手順やポイントについてご紹介します。また、デジタルテクノロジーをより手軽かつ迅速にビジネスに活用するための取組みである「imforce Lab」についてご紹介します。

17:20~17:30

質疑応答

関連製品

当社についてのお問い合わせは、以下よりお願いいたします。

メールでのお問い合わせ

  • ホーム
  • イベント・セミナー
  • 【開催報告】AI活用セミナー「ヘルプデスク業務の高度化」~失敗事例から学ぶナレッジ資産化への道~