統合バックアップ構築サービス

バックアップシステムの統合管理からBCP/DR対策まで、
事業継続のための実用的なバックアップシステム環境を構築

課題と解決策

バックアップシステムにこんな課題はありませんか?

  • バックアップ製品がシステム毎に異なっており、運用効率が悪い
  • バックアップシステムのコストを低減したい
  • 短期間かつコストを抑えてBCP/DR対策を行いたい
  • システム復旧やDRサイトへの切り替え手順が複雑。実際の作業に不安がある

NTTデータビジネスシステムズの
統合バックアップ構築サービスなら

様々なバックアップ製品による豊富なシステム構築と運用経験により、
お客様の環境やあらゆるニーズに応じたバックアップシステムをご提案し、
お客様の不安や課題を解決いたします。

統合バックアップ構築サービスの特長

障害や災害による事業損失を最小限にする2つのサービス

バックアップ運用の最適化と迅速なリカバリーを実現する「統合バックアップ構築サービス」と予期せぬ災害や事故の発生時に、短時間で限られた経営資源の中で事業活動を継続するための「BCP/DR構築サービス」の2つのサービスを用意しています。

統合バックアップ
構築サービス
複数の拠点やシステムにおいて個別にバックアップしている環境を統合することで、ストレージ容量やバックアップ作業工数の効率化など、バックアップ運用に関する様々な課題に対し、解決策をご提案いたします。 【ご提案製品例】
FalconStor
ARCServe
BackupExec
System Recovery
BCP/DR構築
サービス
災害によるシステム停止やサービス停止を防ぎ、お客様の損失を最小限にするBCP/DR環境を構築致します。お客様のコストやニーズに合わせた方式・環境をご提案いたします。 【ご提案製品例】
FalconStor

統合バックアップ構築サービスの導入事例【スミテム様】

統合バックアップ ~ 統合化/遠隔バックアップ

お客様の課題

・複数存在する業務サーバーのバックアップ時間が長くなり、業務開始時間まで間に合わなくなってきた。

・バックアップの失敗が発生し管理が大変になってきた。

・リストアの実績がなく、障害発生時に手順書を見ながらリストアできる自信がない。

・リストアから業務復旧までの時間が分からない。

・データの遠隔保管も実施したい。

解決策のご提案

・FalconStor CDPの活用により、統合バックアップと遠隔バックアップを同時に実現。

・ローカルサイトでは複数の異なるシステムの変更差分を64KBブロック単位で検知し、差分データを抽出。さらにマイクロスキャン技術(※特許)により低速な回線を得意としたデータブロック転送方式により遠隔サイトへの高速なデータ転送を実現し、遠隔地によるバックアップデータ世代管理を実現。


BCP/DR構築サービスの導入事例【ROKI様】

統合バックアップ ~ ディザスタリカバリ

お客様の課題

・ 業務サーバーの仮想化に伴い従来のバックアップソフトによるバックアップ運用を廃止し、イメージファイルによるサーバー全体のバックアップに切り替えた。コピーコマンドにより、遠隔地サイトへのデータ伝送を実施していたが、業務サーバーの増加に伴い、コピー時間が半日以上かかっても終わらない状況になった。

・ 遠隔地サイトにおいてコピーしたイメージファイルでのシステム復旧が本当に行えるか不安がある。通常の業務に追われ、ローカルサイトの被災を想定した復旧試験が実施できない事が大きな理由である。

解決策のご提案

・ FalconStorCDPの活用により、IT-BCP環境を強化いたします。

・ ローカルサイトにおける統合バックアップはもちろんのこと、マイクロスキャン技術(※特許)により低速な回線を得意とした差分データブロック転送方式で遠隔サイトへの高速データ転送を実現。ソフトウェアによる仮想ディスク方式で遠隔サイトでの仮想復旧を実現しました。

FalconStorCDP
データ容量の増加に伴うバックアップ時間の増大、テープ運用における管理工数の増大、VMwareのような仮想環境の組み合わせといった複雑化する環境のバックアップ/リストアに関する諸問題を解決するソフトウェアです。

まずは現状の課題をお聞かせください。
ご要望に応じたソリューション・サービスをご提案させて頂きます。

統合バックアップ構築サービスについてのご相談は、お電話またはお問い合わせフォームにて承ります。
ご要望に応じてご訪問も可能ですので、まずはご連絡ください。

お電話でのお問い合わせは

0120-458-459

メールでのお問い合わせ