先進的なデジタル技術のビジネス活用を支援する

AI、IoT、RPA、ブロックチェーン・・・・・・。デジタルテクノロジーが目まぐるしい早さで登場する今日、
そうした最新技術を、企業がもっと手軽に、もっと迅速に利用し、
ビジネス変革や課題解決のお役に立てていただこうと開設したのがimforce® Labです。
お客様とビジネスのデジタル化を模索する場として、
私たちがもつintra-martの技術・ノウハウと、多彩なアライアンスパートナーがもつ最新技術を活用し、
お客様の新しい未来の実現に貢献するデジタルソリューションを共創していきます。
先進的なデジタル技術のビジネス活用を支援する、imforce® Labをぜひご利用ください。

imforce® Lab概要

続々と登場するデジタル技術やサービスの中から、NTTデータビジネスシステムズが課題解決に役立つと思われるものをコーディネートして、お客様とデジタルソリューションを共創(PoC)していきます。

■imforce<sup>®</sup> Lab概要

imforce® Labが取り組むデジタルサービス/6つの領域

デジタル技術の活用に期待される6つの領域がimforce® Labで取り組むメニュー。お客様の実現したいことを選ぶことから実用化への道がスタートします。

■imforce<sup>®</sup> Labが取り組むデジタルサービス/6つの領域

広がるimforce® Lab、その取り組みの一端をご紹介します。

「 未来を変えるデジタルサービスとは 」

NTTデータビジネスシステムズは、imforce® Labで提供するメニューの1つ「人との対話を必要とする領域」における取り組みの第1弾として、AIを利用したヘルプデスク・ソリューションの開発を立ち上げました。従来のAI(チャットボット)では、日本語表現特有の曖昧さや多彩な表現に起因し、適切な回答を示すには膨大なデータ量が必要になりました。そうした問題を解決するために目をつけたのが、日本語における自然言語処理技術の先進企業 オルツ社が開発するパーソナル人工知能の研究過程で生まれた対話エンジンでした。同社の高度な“自然言語理解アルゴリズム”は想定質問文とは別の言葉で質問しても、その文脈を捉えて適切な回答を導き出すことが可能です。imforce®とオルツ社の技術を組み合わせることでどのような変革がもたらされるのか。NTTデータビジネスシステムズ大久保がオルツ社CTO西村氏の元を訪ね、現在の取り組みと今後の展望について語り合いました。

imforce® Lab対談

■imforce<sup>®</sup> Labが取り組むデジタルサービス/6つの領域

株式会社オルツ
CTO
西村 祥一

■imforce<sup>®</sup> Labが取り組むデジタルサービス/6つの領域

株式会社NTTデータビジネスシステムズ
imforceソリューションコンサルタント
大久保 実

活用例紹介

ヘルプデスク支援 顔認証出退勤管理 人事諸届自動化

関連ソリューション

お問い合わせ

まずは現状の課題をお聞かせください。

ご要望に応じたソリューション・サービスをご提案させて頂きます。

資料請求・お問い合わせ
お急ぎの場合は電話にてお問い合わせください。受付時間10:00〜17:00(土・日・祝日を除く)